2020年2月28日、日本成長投資アライアンス株式会社(以下「J-GIA」)は、J-GIAの運用するJ-GIA1号投資事業有限責任組合が保有する株式会社ポテトかいつか(以下「ポテトかいつか」)の全株式を、カルビー株式会社(以下「カルビー」)に譲渡する契約を締結しました。

ポテトかいつかは、創業1967年の国内最大規模のさつまいも専業の食品会社であり、茨城県を中心に400を超える農家からさつまいもを仕入れ、貯蔵・洗浄・加工を行い、全国の小売店、外食事業、食品加工会社や消費者へ直接販売する業界におけるリーディングカンパニーです。2017年4月の投資実行以降、当社はアライアンス・パートナーである日本たばこ産業株式会社及び株式会社博報堂と共に、各社の経営ノウハウやネットワークの提供に加え、パートナー企業から経営人材の提供を通じた経営基盤の強化を行い、ポテトかいつかの成長を支援してまいりました。

カルビーは、「ポテトチップス」や「じゃがりこ」等を含むポテト系スナックにおいて国内70%を超える高いシェアを誇るじゃがいものリーディングカンパニーです。同社は2019年5月に発表した2030ビジョンにおいて、海外市場と新たな食領域を成長の軸として確立することを目指し、同時に中期経営計画中でも、「新たな食領域での事業確立」を重点課題として掲げており、今般の、ポテトかいつかの株式取得は、この重点課題への取り組みを強化するものです。

さつまいものリーディングカンパニーであるポテトかいつかとじゃがいものリーディングカンパニーであるカルビーの双方の強みと事業シナジー効果の発現により、ポテトかいつかの掲げる「さつまいもの新しい価値を育む」というミッションを着実に実現していくことが可能になると確信しています。

日本成長投資アライアンス株式会社について  (ホームページ:https://www.jgia.co.jp/
日本成長投資アライアンス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:立野公一)は、2016年6月に創業し、日本の潜在成長力のある中堅・中小企業に特化したグロース・キャピタル(成長投資)及びスモールキャップ・バイアウト(事業承継投資など)を目的としたファンドを運用する投資会社です。当社の最大の特徴は、日本たばこ産業株式会社と株式会社博報堂をアライアンス・パートナー企業とし、パートナーが有する経営力(人材、ネットワークなど)を、本ファンドが投資する中堅・中小企業に事業支援として提供することで、投資先の企業価値向上を目指すことです。

本件に関するお問い合わせ先:
日本成長投資アライアンス株式会社
TEL:03-6809-2115  FAX:03-6809-2116  e-mail:info@jgia.co.jp